• 紛争・災害と子どものこころのケア
  • 歩いて学ぶ都市経済学
  • メール確認
  • 日本のリーダーはなぜ決められないのか
  • 法格言の散歩道
  • 子どもの心のお薬Q&A
  • おさらい日本の近現代史
  • LGBTQ・性的マイノリティと法――トランスジェンダーの諸問題
  • 算数クリニック
  • 目次からみる「日本評論」と時代
  • 単位って何だろう
  • 会員登録
  • 7:悪しき隣人
  • 2:捜査官!
  • 1:数学の泉
弁護士が推す! 実務に役立つ研究論文| 2021.10.26

(第38回)不正防止への心理学の活用可能性(沼田知之)

若林宏輔「規範逸脱行動の心理学 コロナ禍の司法と心理学(4)」 季刊刑事弁護107号(現代人文社、2021年)158頁より 企業不祥事を予防するため、多くの企業においては、不祥事の未然防止[……]
一冊散策| 2021.10.25

『入門 アタッチメント理論:臨床・実践への架け橋』(著:遠藤利彦)

はじめに 私自身がアタッチメント理論に最初にふれたのは,今からかれこれ40年ほど前に遡るような気がします。ちょうど大学の教養課程で心理学という学問を学び始めた頃だったと記憶していますが,当時の私のア[……]
おさらい日本の近現代史―「日本」と東アジアの関係を読み解くために| 2021.10.21

(第3回)日本近現代史のなかの「日本人」(大日方純夫)

1 「大日本帝国」の「国民」と「日本人」 前回(第2回 日本近現代史における「日本」の範囲)は、「日本」の範囲について考えた。今回は「日本人」についてである。前回紹介した1918(大正7)年発行の地[……]
一冊散策| 2021.10.20

『6つの物語でたどるビッグバンから地球外生命までの画像』(編:マシュー・マルカン,ベンジャミン・ザッカーマン,訳:岡村定矩)

まえがき 1995 年 3 月、私たちはカリフォルニア大学ロサンゼルス校で「宇宙の起源と進化」をテーマにしたシンポジウムを開催しました。このシンポジウムには、この大学の学生、教員、研究者のみならず関[……]
現実を「統計的に理解する」ための初歩の初歩(麻生一枝)| 2021.10.19

(第24回・最終回)AI の時代だからこそ求められるもの:データの質とデータサイエンティストの倫理

前回お話ししたような、ビッグデータで学んだ AI が、人種偏見や性差別、少数派への嫌悪をもつようになった、という話はあとを絶たない。今年(2021年)の 1 月にも、韓国で発売された人工知能チャットボ[……]
法格言の散歩道(吉原達也)| 2021.10.19

(第1回)連載のはじめに

2018年9月から長くWeb日本評論に連載された柴田光蔵先生の「悪しき隣人―ようこそ法格言の世界へ」の連載が2021年5月に第29回(第0回を入れると30回)が完結した。このたび、編集部の方から法に関[……]
特別企画から(こころの科学)| 2021.10.18

序文(特別企画:嫌悪――ネガティブな感情はなぜ生じるのか)(編:中尾智博)

◆本記事は「こころの科学」220号(2021年11月号)の、中尾智博編「特別企画:嫌悪――ネガティブな感情はなぜ生じるのか」に掲載されている序文です。◆ 「嫌悪」という感情は、人がもつ基本的感情[……]
民事弁護スキルアップ講座(中村真)| 2021.10.15

(第17回)答弁書の作法(3)

秋の足音が聞こえるようになり、緊急事態宣言も解除されましたね。秋口から年末までは毎年あっという間に感じます。 1 答弁書についての話はさらに続く 今回で3回目となる答弁書のお話ですが、前回は、請求[……]
石原先生の算数クリニック---目からウロコの算数教え方講座| 2021.10.14

(第7回)算数教育のあり方を問う(文章問題が苦手)

目次 00:30 文章問題の実態はちゃんと調査されていない 01:00 小数の割り算問題 01:30 多くの子どもの答:かけ算と割り算をいい加減に使う 02:15 文章問題[……]
特集から(法学セミナー)| 2021.10.12

憲法学にとっての子ども期の個人:「子どもの権利」の課題と現状を考える(西山千絵)(特集:子どもと学校)

◆この記事は「法学セミナー」802号(2021年11月号)に掲載されているものです。◆ 特集:子どもと学校 「子ども」という言葉は、年齢の区分を指すのか。身分や地位をいうのか。それとも、状態を[……]
Page 30 of 113<<...1020...2829303132...4050607080...>>