• 民事弁護スキルアップ講座
  • 11:現実を「統計的に」理解する
  • 特集/小さな「助けて」を社会へ
  • 特集/裁判傍聴に行こう!
  • 10:子育てのノロイを解きほぐす
  • 特集/日本評論を読む
  • 特集_元号
  • すごい!図書館・博物館
  • 会員登録
  • 7:悪しき隣人
  • 2:捜査官!
  • 1:数学の泉
私の心に残る裁判例| 2019.02.01

(第5回)公開会社法と閉鎖会社法の狭間で(川島いづみ)

非公開会社の新株発行無効原因等に関する最高裁判決(全国保証株式会社事件) 1 商法(平成17年法律第87号による改正前のもの)280条の21第1項に基づく株主総会決議による委任を受けた取締役会が[……]
判例時評(法律時報)| 2019.01.31

強制動員被害者の請求権、司法判断と外交(権南希)

◆この記事は「法律時報」91巻2号(2019年2月号)に掲載されているものです。◆ 韓国大法院2018年10月30日宣告 2013다61381全員合議体判決 Ⅰ 2018年10月30日、韓国大法[……]
海外論文サーベイ(経済セミナー)| 2019.01.31

最低賃金が家計所得に与える影響

Dube, Arindrajit "Minimum Wages and the Distribution of Family Incomes," American Economic Journal: [……]
法律時評(法律時報)| 2019.01.30

入管法改正と外国人労働政策(早川智津子)

◆この記事は「法律時報」91巻2号(2019年2月号)に掲載されているものです。◆ 1 はじめに 昨年暮れの臨時国会で「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」(〔平成30年[……]
特集から(経済セミナー)| 2019.01.30

対談:東日本大震災から何を学ぶか — 想定外を想定する想像力(経済セミナー2019年2・3月号)

2018年、日本漢字能力検定協会が発表する「今年の漢字」は「災」であった。ここからも、昨年がいかに災害の多い1年だったかが思い出される。災害のたびに、その教訓をどう活かすかが議論されるが、むしろ個[……]
こころの現場からセレクト(こころの科学)| 2019.01.25

原子力発電所事故についての神話的解釈:福島県南相馬市(堀有伸)

◆この記事は「こころの科学」173号(2014年1月)に掲載されたものです。◆ 最近、確信を深めていることがある。東日本大震災からの復興は、「震災後に発生した問題への対応」のみによっては成し遂げ[……]
EUの今を読み解く(伊藤さゆり)| 2019.01.24

(第4回)ユーロ導入20年 — 次の10年はどうなるか?

2019 年 1 月 1 日、欧州単一通貨ユーロが、1999 年の導入から 20 年を迎えた。 導入以後の最初の 10 年は、ユーロは成功した通貨だった。ユーロを導入した国々は、全体として経済成[……]
弁護士が推す! 実務に役立つ研究論文| 2019.01.24

(第5回)AIの現在の「実力」(濱野敏彦)

角田篤泰「ロボット・AIと人間性」 法律時報90巻12号(2018年11月号)30頁~37頁より いわゆるAI(人工知能)が、深層学習を中心として、成果を挙げ始めている。 私は、深層学習の基[……]
一冊散策| 2019.01.23

『学習障害のある子どもを支援する』(編:宮本信也)

はじめに 2005年に発達障害者支援法が施行され、特別支援教育のもと、医療・教育領域のみならず広く社会全体においても発達障害への関心が高まってきています。発達障害特性のある人では、その特性を背景とし[……]
きになる本から| 2019.01.23

(第6回)災害対策は他人任せでよいのか(高橋祥友)/『災害支援者支援』から

とくに歴史好きというわけではないのだが、時折、わが国の現代史を振り返ってみることがある。1868年の明治維新から数えて、本書をまとめている時点(2018年)でちょうど150年となった。 年表を眺[……]
Page 30 of 41<<...1020...2829303132...40...>>