• 人文的な数学の話
  • こころのくすり、くすりのこころ
  • みんなのストレス波乗り術
  • 単位って何だろう
  • コロナ危機と今後のヨーロッパ
  • 特別寄稿/いま、子どもの育ちを支えるためにできること
  • 特集_避難所
  • 特別企画/パンデミックと法
  • 特集/香港について知っておきたいこと
  • 民事弁護スキルアップ講座
  • 11:現実を「統計的に」理解する
  • 特集/小さな「助けて」を社会へ
  • 特集/裁判傍聴に行こう!
  • 会員登録
  • 7:悪しき隣人
  • 2:捜査官!
  • 1:数学の泉
弁護士が推す! 実務に役立つ研究論文| 2020.10.27

(第26回)ジオ・ブロッキングがインターネットを介した著作権侵害訴訟の国際裁判管轄・準拠法の認定に与える影響(濱野敏彦)

駒田泰土「論点の整理」 【シンポジウム】深化するインターネット社会と著作権をめぐる国際私法上の課題 著作権研究第46号(2020年)4頁~19頁より A国に在住するX氏が、B国内のサーバに著作物[……]
経済セミナーインタビュー「この人を訪ねて(ロングバージョン)」| 2020.10.26

(第10回)菊池信之介さん:新型コロナウイルスが労働者に与える影響とは

雑誌収録版:『経済セミナー』2020年10・11月号(通巻716号) この人を訪ねてVol.22「新型コロナウイルスが労働者に与える影響とは」 インタビュー日:2020 年 7 月 24 日(メール[……]
コロナ危機とEUの行方| 2020.10.23

(第10回)コロナ禍の長期化が迫る政策の重点シフト(伊藤さゆり)

欧州で新型コロナの感染が再加速しており、スペイン、フランス、英国など次々と行動制限の再強化を打ち出している。各国は、感染状況に応じて地域毎に段階の異なる制限を導入することなどで、なんとか春先のような全[……]
一冊散策| 2020.10.22

『憲法2─総論・統治』(著:渡辺康行・宍戸常寿・松本和彦・工藤達朗 )

はしがき(抜粋) 本書の姉妹編『憲法Ⅰ 基本権』を公刊したのは、2016年4月のことだった。それから4年半、今こうして本書を公表できることは、著者一同にとって大きな喜びである。この4年半を遅[……]
みんなのストレス波乗り術(竹田伸也)| 2020.10.21

(第2回)自他尊重のコミュニケーションを育てる

マスクがない! 「いい加減にしろよ!」 「ふざけんなコラッ!」 ……のっけから、乱暴な言葉を失礼しました。よく知らない相手からいきなりこんなふうな言われ方をすると、怖いですよね。 こう[……]
判例時評(法律時報)| 2020.10.20

寛容的利用が違法とされた不幸な経緯に関する一考察:最三小判令和2年7月21日(リツイート事件)(田村善之)

◆この記事は「法律時報」92巻11号(2020年10月号)に掲載されているものです。◆ 最高裁第三小法廷令和2年7月21日判決 1 はじめに 最判令和2・7・21(平成30 1412)[リツイー[……]
Webでも!初歩からはじめる物権法(山野目章夫)| 2020.10.20

(第9回)法セミ2020年12月号の学び方のポイント&例題

連載第9回の「学び方のポイント」 2020年4月号から始めた「法学セミナー」の連載「初歩からはじめる物権法」は、12月号で第9回を迎えます。第9回も抵当権ですが、このたびは、すこし経済学の本を開いて[……]
海外論文サーベイ(経済セミナー)| 2020.10.19

お金持ちは利己的か?:所得と援助の関係性

Erkal Nisvan, Lata Gangadharan, and Nikos Nikiforakis (2011) "Relative Earnings and Giving in a Real[……]
特別企画序文(こころの科学)| 2020.10.16

特別企画:児童相談所は、いま(編:金井剛)

◆本記事は「こころの科学」214号(2020年11月号)の、金井剛編「児童相談所は、いま」に掲載されている序文です。◆ 当初、編者の提案した特別企画名は「苦悩する児童相談所」だった。結局日の目を[……]
人文的な数学の話(井ノ口順一)| 2020.10.15

(第1回)ちょっと文学的

古典を読んだり,人文系の本を読んだりするときに,数学は案外と身近なものだと改めて気づくことがあります.また数学の知識があると「読書をさらに楽しめる」ことがあるように思います. たとえば『万葉集』[……]
Page 1 of 6112345...1020304050...>>