• 特集_国会を知ろう
  • ロバに竪琴
  • ただいま調査中! 家庭裁判所事件案内(高島聡子)
  • ヒトの性の生物学
  • 歩いて学ぶ都市経済学
  • メール確認
  • 法格言の散歩道
  • おさらい日本の近現代史
  • LGBTQ・性的マイノリティと法――トランスジェンダーの諸問題
  • 算数クリニック
  • 目次からみる「日本評論」と時代
  • 単位って何だろう
  • 会員登録
民事弁護スキルアップ講座(中村真)| 2024.02.21

(第26回)期日変更は狭き門?

1 期日変更してますか? 一旦決まった民事の裁判期日は、デートや飲み会のリスケジュールを依頼するようには簡単に変更できません。とはいえ、実務家の中には「期日変更はなんとなくややハードルが高い」程度に[……]
弁護士が推す! 実務に役立つ研究論文| 2024.02.20

(第63回)企業買収に関する新たな規律(野澤大和)

藤田友敬「『企業買収における行動指針』の意義」 ジュリスト1592号(2024年)14頁より 2023年8月31日、経済産業省によって、「企業買収における行動指針」(以下「企業買収指針」という)が[……]
地球惑星科学の地平を求めて(半揚稔雄)| 2024.02.19

(第22回)太陽系における地球外生命の可能性は?

$\def\t#1{\text{#1}}\def\dfrac#1#2{\displaystyle\frac{#1}{#2}}$ 1960 年代以降,太陽系の惑星やその衛星など多数の天体に探査機が次々[……]
特別企画から(こころの科学)| 2024.02.16

序文(特別企画:「こころの病気」と呼ぶ前に――診断とは何だろうか)(編:兼本浩祐)

◆本記事は「こころの科学」234号(2024年3月号)の、兼本浩祐編「特別企画:『こころの病気』と呼ぶ前に――診断とは何だろうか」に掲載されている序文です。◆ 診療の場を訪れた人を診断することに[……]
ヒトの性の生物学(麻生一枝)| 2024.02.15

(第6回)脳の性分化 2:胎児期のホルモンと性指向

前回は,心の性の発達,つまり,自分を男だと感じるようになるか,あるいは女だと感じるようになるかには,胎児期の男性ホルモンが影響することをお話しした.今回は,ヒトの性のもう一つの側面である性指向 ---[……]
プロ精神科医あるあるノート(兼本浩祐)| 2024.02.14

(第1回)ラスト・ジェンガ、ファースト・ジェンガ

医学部の学生さんに、私の診察に陪席してもらっていたとき、患者さんが退席してから自分の処方を見てもらって、「この処方は精神科でのよい処方のひとつの条件を備えていますが、どの点がそうかわかりますか」とよく[……]
一冊散策| 2024.02.13

『スタートライン民法総論[第4版]』(著:池田真朗)

待望の『スタートライン民法総論〔第4版〕』が刊行されました。 本書は幸いにも多くの教科書採用の指定を受けていますが、「独学用」教科書としてもまた優れた1冊。総298ページでカバーされるのは総則の[……]
エレガントな解答をもとむ(数学セミナー)| 2024.02.09

出題(2024年3月号掲載分)/応募締切(3月8日)/解答(2024年6月号掲載)

$\def\t#1{\text{#1}}\def\dfrac#1#2{\displaystyle\frac{#1}{#2}}$ 出題1 下図のように,鋭角三角形 $\t{ABC}$ の辺の中点を [……]
特集から(法学セミナー)| 2024.02.09

「宮本から君へ」事件――民法34条を起爆剤とする給付行政に係る行政裁量の壁の突破(平裕介)(特集:最高裁判決2023――弁護士が語る)

◆この記事は「法学セミナー」830号(2024年3月号)に掲載されているものです。◆ 特集:最高裁判決2023——弁護士が語る 2023年に出た最高裁判決を担当した弁護士が、依頼者との出会い、[……]
伊藤真のひまわり先生| 2024.02.08

(第64回)2023年最高裁判所判例と2024年憲法展望

2023年の最高裁判所でも多くの憲法関係の判決・決定が出ました。 今回は、人権に関する問題・統治に関する問題に分けて、2023年に最高裁判所で出された判決・決定を俯瞰し、あらためて裁判所の役割に[……]
Page 1 of 13612345...1020304050...>>