• コロナ危機と今後のヨーロッパ
  • 特別寄稿/いま、子どもの育ちを支えるためにできること
  • 特集_避難所
  • 特別企画/パンデミックと法
  • 特集/香港について知っておきたいこと
  • 民事弁護スキルアップ講座
  • 11:現実を「統計的に」理解する
  • 特集/小さな「助けて」を社会へ
  • 特集/裁判傍聴に行こう!
  • 10:子育てのノロイを解きほぐす
  • 会員登録
  • 7:悪しき隣人
  • 2:捜査官!
  • 1:数学の泉
伊藤真のひまわり先生| 2020.04.08

(第19回)国会について

第18回で三権分立について勉強しましたが、今回は国会について考えてみましょう。 現在、モリカケ問題、公文書廃棄問題、検察官の定年延長問題……といった多くの問題が明らかになっています。とくに検察官[……]
Webでも!初歩からはじめる物権法(山野目章夫)| 2020.04.07

(第3回)法セミ2020年6月号の学び方のポイント&例題

すでにお知らせしているとおり、雑誌「法学セミナー」が新年度から装いを新しくしました。この機会に始める連載の一つが「初歩からはじめる物権法」です。法学セミナーは、法律を勉強する学生諸君のための学習雑誌で[……]
数学の泉(高瀬正仁)| 2020.04.03

(第19回)不思議な微積分—ラグランジュの最初の論文より

$\def\dfrac#1#2{{\displaystyle\frac{#1}{#2}}}\def\t#1{\text{#1}}\def\dint{\displaystyle\int}$ 2項定理と[……]
一冊散策| 2020.04.02

『憲法論点教室[第2版]』(編:曽我部真裕・赤坂幸一・新井誠・尾形健)

第2版はしがき 本書は、法曹を志望して法科大学院や法学部で学ぶ「普通の」学生を対象に、迷いやすい学習上のポイントにつきコンパクトかつ明確なアドバイスを与えることを目的として、2012年に出版された。[……]
2020.04.01

書評:升永英俊『統治論に基づく人口比例選挙訴訟』日本評論社,2020年(評者:中村良隆)

読者諸兄姉は、一人一票の実現を訴える新聞広告を一度は目にしたことがあるのではないかと思われる。 青色発光ダイオード訴訟の原告代理人としても有名な著者は、有志弁護士らとともに、2009年に「一人一[……]
私の心に残る裁判例| 2020.04.01

(第22回)判例時報が一号で一件しか掲載できない長文判決との格闘(田淵浩二)

志布志事件不起訴原告組民事訴訟第一審判決 無罪判決が確定した刑事事件に関し、公訴提起された事件の一部又はその関連事件に関与したとして取調べ等を受けた被疑者に対する警察の捜査の一部に、社会通念上相[……]
海外論文サーベイ(経済セミナー)| 2020.03.31

科学者を科学する

Li, Weihua, Tomaso Aste, Fabio Caccioli and Giacomo Livan (2019) "Early Coauthorship with Top Scient[……]
特集から(経済セミナー)| 2020.03.30

鼎談:経済学でキャリアを創る(経済セミナー2020年4・5月号)

政策やビジネスの現場で経済学の専門知識をもつ人材が注目され、修士号・博士号取得後のキャリアも多方面に広がりつつある。本号では、年代もキャリアも性別も異なる 3 名に、それぞれのご経験を語っていただ[……]
一冊散策| 2020.03.30

『相対化する知性—人工知能が世界の見方をどう変えるのか』(著:西山圭太・松尾豊・小林慶一郎)

はじめに 本書は、人工知能の出現と社会実装の進展が、人間の知の枠組みや社会の統合の理念にどのような影響を及ぼし得るのか(及ぼしているのか)を考察する論考である。執筆者の意図としては、人工知能論を通じ[……]
一冊散策| 2020.03.27

『病いと癒しの人間史 — ペストからエボラウイルスまで』(著:岡田晴恵)

あとがき 感染症の大流行とそれが引き起こす社会や歴史への影響に強く惹かれるようになったのは、ドイツ留学時代でした。古い石造りの下宿の薄暗い照明の下で『病気の社会史』『死の風景』(ともに立川昭二著)を[……]
Page 10 of 55<<...89101112...20304050...>>