• 目次からみる「日本評論」と時代
  • 人文的な数学の話
  • こころのくすり、くすりのこころ
  • みんなのストレス波乗り術
  • 単位って何だろう
  • 特別寄稿/いま、子どもの育ちを支えるためにできること
  • 特集_避難所
  • 特別企画/パンデミックと法
  • 特集/香港について知っておきたいこと
  • 特集/小さな「助けて」を社会へ
  • 特集/裁判傍聴に行こう!
  • 会員登録
  • 7:悪しき隣人
  • 2:捜査官!
  • 1:数学の泉
みんなのストレス波乗り術(竹田伸也)| 2020.11.24

(第3回)「こころを満たす行動」にシフトする

或る問い 突然ですが、あなたがこの文章を読んでいるのはどうしてですか? 数ある読み物のなかから、いまこの文章を読んでくださっている。これは、僕としては本当に嬉しいことです。 もう一度うか[……]
一冊散策| 2020.11.19

『子ども虐待は、なくせる─当事者の声で変えていこう』(著:今一生)

はじめに~虐待防止策は、30年間も失敗続き(抜粋) 親が子どもを殺す「虐待死」の事件が、新聞やテレビに報じられることが増えました。 虐待を見たら役所に通告する義務が、国民にあります。しかし[……]
Webでも!初歩からはじめる物権法(山野目章夫)| 2020.11.18

(第10回)法セミ2021年1月号の学び方のポイント&例題

連載第10回の「学び方のポイント」 2020年4月号から始めた「法学セミナー」の連載「初歩からはじめる物権法」は、新しい年を迎え、1月号で第10回を迎えます。第8回から抵当権の話を進めてきました。抵[……]
連載から(こころの科学)| 2020.11.17

そだちとそだての道しるべ(1)いたいのいたいのとんでゆけ(笠原麻里)

◆本記事は、「こころの科学」205号(2019年5月号)から開始した連載「そだちとそだての道しるべ」の第1回です。 子どもは、よく転ぶ、ぶつける、ケガをする。扉に指を挟んだり、溝にはまってしまっ[……]
私の心に残る裁判例| 2020.11.17

(第30回)悩みを汲みとるということ(緑大輔)

長門強制わいせつ被告事件 裁判所の心証形成過程をくわしく説示した有罪判決事例 山口地方裁判所萩支部昭和41年10月19日判決 【判例時報474号63頁掲載】 判決文を読んでいると、事件[……]
人文的な数学の話(井ノ口順一)| 2020.11.16

(第2回)正倉院展

2019 年の 11 月,東京国立博物館で開催された御即位記念特別展「正倉院の世界 --- 皇室がまもり伝えた美」に家族で出かけました.正倉院宝物の黄熟香 (蘭奢待) とよばれる香木 (沈香) を鑑賞[……]
コロナ危機とEUの行方| 2020.11.13

(第11回)欧州のコロナ危機対応と対中関係(林 秀毅)

感染再拡大と経済活動への影響 欧州の新型コロナ感染が、急速に再拡大している。今秋、主要国では、いわゆる「第二波」の感染者数は今春のピークを上回る水準で増加し、一段とその勢いを強めている。10 月下旬[……]
捜査官! その行為は違法です。(木谷明)| 2020.11.11

(第27回)知的障害を抱える被疑者(看護助手)が取調官に対し恋愛感情を抱いているのを利用して、事実に反する虚偽自白を誘導した─湖東記念病院事件

古い冤罪事件が続いたので、今回は最新の冤罪事件を紹介する。最新といっても、「無罪判決が確定したのがつい最近」というだけで、事件の発生は、すでに10数年も以前のことである。さすがに、前回までの事件と異な[……]
こころのくすり、くすりのこころ(渡邉博幸)| 2020.11.10

(第2回)「眠れないからくすりをください」

睡眠はなぜ必要? 2018年のOECDの調査によれば、日本人の平均睡眠時間は、各国のなかで最短の7時間22分でした。2015年の厚生労働省の調査でも、39.5%の日本人が6時間未満の睡眠時間であった[……]
エレガントな解答をもとむ(数学セミナー)| 2020.11.09

出題(2020年12月号掲載分)/応募締切(12月8日)/解答(2021年3月号掲載)

$\def\t#1{\text{#1}}\def\dfrac#1#2{\displaystyle\frac{#1}{#2}}$ 出題1 ペントミノは,単位正方形を 5 個つないだ図形で,全部で 1[……]
Page 10 of 71<<...89101112...2030405060...>>