• 子育てのノロイを解きほぐす
  • 特集/日本評論を読む
  • 特集_元号
  • すごい!図書館・博物館
  • さり新連載
  • 8:悪しき隣人
  • 7:弁護士×経営支援
  • 6:ぶらり民法散歩
  • 会員登録
  • 9:渋谷重蔵
  • 8:ひまわり先生
  • 6:EUの今を読み解く
海外論文サーベイ(経済セミナー)| 2019.08.02

集合知は真実を “識別” できるか?

Arieli, Itai, Takov Babichenko and Rann Smorodinsky(2018)"When is the Crowd Wise?" mimeo. 宮下将紀 $[……]
数学の泉(高瀬正仁)| 2019.08.02

(第11回)レムニスケート曲線の5等分—ガウスの遺稿より

$\def\dfrac#1#2{{\displaystyle\frac{#1}{#2}}}\def\t#1{\text{#1}}$ 今日の楕円関数論はレムニスケート曲線$x=\sqrt{\cos 2[……]
私の心に残る裁判例| 2019.08.01

(第13回)参議院議員選挙における投票価値較差の合憲性(毛利透)

◎参議院投票価値較差訴訟平成21年大法廷判決 公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性 平成19(2007)年7月施行の参議院議員通常選挙当時の参議院選挙[……]
判例時評(法律時報)| 2019.08.01

在外国民審査権違憲判決の来歴(谷口太規)

◆この記事は「法律時報」91巻9号(2019年8月号)に掲載されているものです。◆ 東京地裁2019年5月28日判決 裁判所ウェブサイト 1 「制度を問う」訴訟を前にして アメリカ留学中に、ミシ[……]
法律時評(法律時報)| 2019.08.01

2019・8・15と戦後責任(遠藤比呂通)

◆この記事は「法律時報」91巻9号(2019年8月号)に掲載されているものです。◆ 1 韓国併合の侵略性 法律時報1989年8月号は、「平成元年」八・一五と戦後責任という特集を組み、そのメイン企画[……]
特集から(経済セミナー)| 2019.07.31

対談:消費税と社会保障のゆくえ(経済セミナー2019年8・9月号)

2019年10月に予定される消費税率10%への引き上げ。景気への悪影響なども懸念されるが、そもそもなぜこれが必要なのか、日本の経済・財政・社会保障が抱える真の問題は何か、これからどうすべきなのか…[……]
渋谷重蔵は冤罪か?―19世紀、アメリカで電気椅子にかけられた日本人(村井敏邦)| 2019.07.30

(第11回)被告人の証言―反対尋問

審理は、弁護人による被告人に対する主尋問が終了し、検察官による反対尋問が開始された。 反対尋問では、被害者の村上と宿の主人を入れて、6、7人くらいがサイコロ賭博をしていたこと、被告人が覚えている[……]
ぶらり民法散歩(伊藤栄寿)| 2019.07.26

(第11回)京都

京都府京都市。世界のさまざまな観光都市ランキングで常に上位に位置する、言わずと知れた日本の古都である。京都市の西北に、関西の有名私立大学の一つ、立命館大学(衣笠キャンパス)がある。 立命館大学は[……]
こころの現場からセレクト(こころの科学)| 2019.07.25

靴をそろえる話:地域の診療所(田中茂樹)

◆この記事は「こころの科学」193号(2017年5月)に掲載されたものです。◆ 子どもに何かをさせることにすごくこだわる大人に面接で時々出会う。 孫が不登校気味であることを心配して70代の[……]
悪しき隣人―ようこそ法格言の世界へ(柴田光蔵)| 2019.07.24

(第12回)法律は時に眠ることはあるが、決して死ぬことはない

Dormiunt aliquandō lēgēs, numquam moriuntur. 出典不明。 つまり、法律は、かりに適用されない状態におかれても、決してその効力を自動的に失なうものでは[……]
Page 5 of 31« First...34567...102030...Last »