#医学 タグ 記事一覧

特別企画から(こころの科学)| 2023.12.19

序文(特別企画:セクシュアリティ――対人援助の新たな視点)(編:山登敬之)

◆本記事は「こころの科学」233号(2024年1月号)の、山登敬之編「特別企画:セクシュアリティ――対人援助の新たな視点」に掲載されている序文です。◆ 昨今では、セクシュアルマイノリティの活動な[……]
ヒトの性の生物学(麻生一枝)| 2023.12.15

(第4回)生殖腺と外性器の性が異なることもある:アンドロゲン不応症と先天性副腎皮質過形成

前回は、典型的な男女像とは異なる体をもって生まれてくる人がいること、医学的には性分化疾患とよばれる「性染色体、生殖腺、解剖学的な性の発達が、先天的に非定型的な状態」で生まれてくる人がいることを、皆さん[……]
ただいま調査中! 家庭裁判所事件案内(高島聡子)| 2023.12.04

(第3回)とるだけ育休の表裏

名探偵じゃない! 家裁調査官が登場する小説やドラマでは、よく調査官が颯爽と飛び出して行く。当事者の自宅や職場に乗り込み、いきなり身分証を見せて「私、家庭裁判所の調査官なんですけど、実は今、こんな事件[……]
ヒトの性の生物学(麻生一枝)| 2023.11.16

(第3回)性決定・性分化の複雑さとインターセクシュアル:男女の定型とは異なる体の性もある

実際はとても複雑な性分化のしくみ まずは、第 2 回「体の性決定・性分化のしくみ:男女の生殖器官はどのようにできるのか」のおさらいから始めよう(図 1)。 ヒトの胎児は、受精後[……]
ただいま調査中! 家庭裁判所事件案内(高島聡子)| 2023.11.02

(第2回)トカゲの尻尾

末端の一人 「本件詐欺の被害額は確かに高額であり、被害者も多数いる。しかし、真に罰すべきは少年に指図をした主犯であって、単なる受け子でしかない少年に長期間の身柄拘束を伴う厳罰を与えるのは、いわゆる『[……]
特別企画から(こころの科学)| 2023.10.17

序文(特別企画:子どもの声を聴く――支援の現場から「子どもの権利」を考える)(編:吉川徹)

◆本記事は「こころの科学」232号(2023年11月号)の、吉川徹編「特別企画:子どもの声を聴く――支援の現場から『子どもの権利』を考える」に掲載されている序文です。◆ 近年、「子どもの権利」の[……]
ヒトの性の生物学(麻生一枝)| 2023.10.16

(第2回)体の性決定・性分化のしくみ:男女の生殖器官はどのようにできるのか

私たち一人ひとりの始まり.それは,精子と卵子の合体した受精卵である.この受精卵から,どのようにして私たちの体はできあがっていくのだろうか. 「性染色体の組み合わせが XY であれば男になり,XX[……]
ただいま調査中! 家庭裁判所事件案内(高島聡子)| 2023.10.03

(第1回)なぜ「家事と少年」なのか

はじめましてのご挨拶 私は家庭裁判所調査官(以下、「家裁調査官」という)。裁判所に勤務する国家公務員である。 あなたが、裁判所と聞いて思い描くのは、どんなイメージだろう。黒い法服の裁判官が壇上[……]
ヒトの性の生物学(麻生一枝)| 2023.09.14

(第1回)はじめに:なぜヒトの性の生物学を学ぶのか?

LGBTQ,少子高齢化,男女共同参画など,私たちが直面している社会問題の多くは,ヒトの性と関係している.そして,「ヒトは生物の一種である」という事実を素直に受け入れるならば,これらの問題は,ヒトの性の[……]
紛争・災害と子どものこころのケア――世界の精神保健の現場から(田中英三郎)| 2023.09.04

(第12回・最終回)国際保健の現場で働くということ――私たちのこころの健康

約1年にわたり「紛争・災害と子どものこころのケア」をテーマに、さまざまな話題を提供してきたこの連載も今月がいよいよ最後回になります。 これまで世界の子どものこころの健康を守るためになされている取[……]
Page 3 of 2112345...1020...>>