#法律タグ 記事一覧

ロー・フォーラム 裁判と争点(法学セミナー)| 2019.03.13

性別変更の手術要件「合憲」─「現時点では」と条件付きで最高裁が初判断

◆この記事は「法学セミナー」771号(2019年4月号)に掲載されているものです。◆ 心と体の性が一致しない性同一性障害者の性別を変えられるようにした特例法で、生殖機能を失わせる手術を必要とする[…]
ロー・フォーラム 立法の話題(法学セミナー)| 2019.03.13

洋上風力発電設備の海域利用をルール化─洋上風力発電の長期的・安定的・効率的な実施に向けて

◆この記事は「法学セミナー」771号(2019年4月号)に掲載されているものです。◆ 背景、経緯等 2011年の東日本大震災等による社会情勢の変化を受け、わが国では、太陽光、風力等を利用する再生可[…]
弁護士が推す! 実務に役立つ研究論文| 2019.03.11

(第7回)労働法と競争法の交錯—YouTube/Uber時代の労働法(森倫洋)

特集「人材獲得競争と法」 ジュリスト1523号(2018年9月号)14頁以下 2018年2月に公正取引委員会の「人材と競争政策に関する検討会」報告書(以下「本検討会報告書」という。PDFはこちら)[…]
伊藤真のひまわり先生| 2019.03.08

(第6回)日本国憲法第9条―憲法改正問題

今回は、「第9条」をテーマに取り上げます。 日本国憲法は第9条で「戦争の放棄」を規定しています。 しかし現在、憲法改正が議論されています。憲法改正の国民投票が行われる日が近いかもしれません[…]
「弁護士×経営支援」のススメ(中村 真)| 2019.03.06

(第6回)弁護士×経営支援の実践(3)

1 ちょっと生々しい第6回 前回、前々回と「弁護士×経営支援の実践(1)」、「同(2)」として話を進めてきました。その中で、普通にまっとうな弁護士業務を行ってきた弁護士が取り組みやすい経営支援の入り[…]
私の心に残る裁判例| 2019.03.01

(第6回)裁判における比較法の活用(榊原秀訓)

堀越事件第二審判決 国家公務員による政党の機関紙や政治的文書の配布行為について、国家公務員法110条1項19号及び102条1項並びに人事院規則14−7第6項7号及び13号(5項3号)との関係で、[…]
法律時評(法律時報)| 2019.02.28

不思議の国のカルロス・ゴーン?(川崎友巳)

◆この記事は「法律時報」92巻3号(2019年3月号)に掲載されているものです。◆ 1 はじめに 「不思議の国のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosnin Wonderland)」。これは、昨[…]
渋谷重蔵は冤罪か?―19世紀、アメリカで電気椅子にかけられた日本人(村井敏邦)| 2019.02.25

(第6回)証人尋問

陪審員の宣誓、裁判長による陪審員への警告に続いて、いよいよ、証人尋問が開始された。まず検察側証人の尋問である。検察側証人は、事件現場で重蔵を逮捕した警察官フレデリック・コートランダー(Frederic[…]
ぶらり民法散歩(伊藤栄寿)| 2019.02.20

(第6回)愛知・名古屋

愛知県名古屋市。愛知県の県庁所在地であり、三大都市圏の一つである中京圏の中心都市である。名古屋といえば名古屋城や、「ひつまぶし」「みそかつ」「きしめん」などの名古屋メシが有名である。 名古屋市の[…]
悪しき隣人―ようこそ法格言の世界へ(柴田光蔵)| 2019.02.15

(第6回)よき法律家は悪しき隣人

A good lawyer is an evil neighbour. 英語あるいはドイツ語での表現が日本人には親しまれているが、この種の格言は、欧米の各地でも見られるので、万国共通のものと言ってさ[…]
Page 4 of 13« First...23456...10...Last »