#法律タグ 記事一覧

一冊散策| 2018.10.25

『消費者法講義 第5版』(編:日本弁護士連合会)

第5版はしがき 本書第4版が2013年3月に出版され、その後5年半が経ちました。 この間に消費者問題や消費者法をめぐる状況に大きな変動が生じていることは、会長による「刊行によせて」でも[…]
悪しき隣人―ようこそ法格言の世界へ(柴田光蔵)| 2018.10.24

(第2回)法は善および衡平の術である

Jūs est ars bonī et aequī. 2世紀のローマ法学者ケルススの文章で、6世紀には学説として法文にまでなっている。 2~3世紀の法学者ウルピアーヌスにも、同じように法文化さ[…]
渋谷重蔵は冤罪か?―19世紀、アメリカで電気椅子にかけられた日本人(村井敏邦)| 2018.10.23

(第2回)電気椅子の使われた時代

電気椅子の誕生 電気椅子は、死刑執行方法の人道化の掛け声とともに導入された。発明者は、発明王で知られるトーマス・エディソン(Thomas Edison 1847-1931)である。エディソンは直流電[…]
ぶらり民法散歩(伊藤栄寿)| 2018.10.22

(第2回)沖縄・久高島

沖縄県南城市知念久高。久高島は、沖縄本島の南東部に位置する離島である。那覇市内から車で1時間ほどのところにある、安座真港からフェリーに乗れば、20分ほどで到着する。この久高島を知っている人は、多くはな[…]
弁護士が推す! 実務に役立つ研究論文| 2018.10.19

(第2回)主権免税を考える(伊藤剛志)

藤谷武史「いわゆるSovereign Wealth Funds と租税法・財政法-研究ノート」 『金融取引と課税(5)』(公益財団法人トラスト未来フォーラム、2018年)より 一般的に、R国の居住[…]
こころの現場からセレクト(こころの科学)| 2018.10.17

バースデーケーキ:家庭裁判所(高島聡子)

◆この記事は「こころの科学」184号(2015年11月)に掲載されたものです。◆ 発端は、1件の交通事故だった。夕暮れ時、買い物途中だった中年女性が、車にはねられて亡くなった。財布の中にあったド[…]
捜査官! その行為は違法です。(木谷 明)| 2018.10.16

(第2回)冤罪と違法捜査

1 冤罪をなくすために 誤判・冤罪に関する報道は、後を絶たない。そして、身に覚えのない犯罪の嫌疑を受けて、いくら弁解しても聞いてもらえず有罪と認定される者(特に死刑にまで処せられる者)の気持ちを[…]
特集から(法学セミナー)| 2018.10.15

特集:諫早湾干拓紛争の諸問題 諫早湾干拓紛争は、なぜ今まで続いているのか(樫澤秀木)

◆この記事は「法学セミナー」766号(2018年11月号)に掲載されているものです。◆ 特集:諫早湾干拓紛争の諸問題―法学と政治学からの分析 写真(誌面に掲載)は、1997年4月14日に長崎県[…]
ロー・フォーラム 裁判と争点(法学セミナー)| 2018.10.15

録画で有罪認定の1審「違法」東京高裁判決 栃木・今市市の女児殺害事件

◆この記事は「法学セミナー」766号(2018年11月号)に掲載されているものです。◆ 栃木県日光市(旧今市市)で2005年、小学1年の女児(当時7歳)を連れ去って殺害したとして、殺人罪などに問[…]
ロー・フォーラム 立法の話題(法学セミナー)| 2018.10.15

参議院の定数6増と比例代表選挙制度の見直し─公職選挙法の改正

◆この記事は「法学セミナー」766号(2018年11月号)に掲載されたものです。◆ 法案の提出・成立 参議院の選挙区選挙については、2015年の公職選挙法の改正により、鳥取県と島根県、徳島県と高知[…]
Page 3 of 612345...Last »