本・雑誌 新刊情報 一覧

2019年03月04日

【新刊】『国家が人を殺すときーー死刑を廃止すべき理由』本日3月2日発売!






『国家が人を殺すとき』『国家が人を殺すとき ーー死刑を廃止すべき理由』


(ヘルムート・オルトナー/著、 須藤正美/ 訳、村井敏邦/特別寄稿)


世界の死刑制度の歴史とその殺害方法などを丹念な調査と取材によってたどり、国家が「死刑」を実施することの根本的矛盾を浮き彫りにする。「死刑廃止」を考える上で、ぜひ読んでおきたい1冊。


2019年02月27日

【新刊】『法律時報』2019年3月号 、本日2月27日発売!

 




 

コーポレート・ガバナンスをめぐる議論、そして実務が直面している状況はいかなるものか。現在に至る経緯を踏まえ、多層の規律がなされている意味を理論的に確認、整理する。

【法律時評】不思議の国のカルロス・ゴーン?……川崎友巳


2019年02月25日

【新刊】『こころの科学』204号【特別企画】子どもの“困った”感情 本日2月25日発売!

 

【特別企画】子どもの“困った”感情

田中 究/編
怒り、悲しみ、不安…成長過程にある子どもと周囲の大人は、時に激しい感情の波に翻弄される。教育・支援現場の取り組みを紹介。

詳細はこちら。
2019年02月25日

【新刊】『労働法[第2版]』(NBS)他2点、本日2月25日発売!

『労働法[第2版]』『労働法[第2版]』 【日評ベーシック・シリーズ】

(和田 肇・相澤美智子・緒方桂子・山川和義/著)

労働法の基礎的な仕組みや考え方が理解できる教科書。2018年「働き方改革関連法」に対応し、新たな裁判例を組み込んだ改訂版。




 

『インドにおける経営者集団の形成と系譜』『インドにおける経営者集団の形成と系譜ーーグジャラート州の宗教・カーストと経営者』

(篠田 隆/著)

植民地時代から現在まで、インドの先進地域グジャラート州の製造業・商業の経営者の宗教・カースト構成とその変化を明らかにする




 


『スクールロイヤーにできること』『スクールロイヤーにできること』

(ストップいじめ!ナビ スクールロイヤーチーム/編)

学校現場の問題の防止・解決を法律面からサポートするスクールロイヤーの利用法・活用場面を、学校関係者にわかりやすく紹介。
2019年02月22日

【新刊】『教養としての宗教学ーー通過儀礼を中心に』他2点、本日2月22日発売!



『教養としての宗教学』『教養としての宗教学 ーー通過儀礼を中心に』

(島田裕巳/著)

宗教学とは宗教を信仰の立場からではなく、客観的中立的に観察し分析する学問である。通過儀礼の具体例を交えつつ宗教を学ぶ。






『ブラックホール宇宙物理の基礎』『ブラックホール宇宙物理の基礎』【宇宙物理学の基礎 第6巻】

(小嶌康史・小出眞路・高橋労太/著)

ブラックホールを学ぶのに必要な基礎を網羅し、最先端の研究論文が読めるところまで実力を高めることを目指した教科書。






『p進ゼータ関数』『p進ゼータ関数 ーー久保田-レオポルドから岩澤理論へ』

(青木美穂/著)【シリーズ ゼータの現在】

実世界と並行して存在するp進世界に姿を変えて同時に存在するp進ゼータ関数。p進数を出発点に、その先の岩澤理論まで見据える。
2019年02月22日

【新刊】『教養としての宗教学ーー通過儀礼を中心に』他1点、本日2月22日発売!



『教養としての宗教学』『教養としての宗教学 ーー通過儀礼を中心に』

(島田裕巳/著)

宗教学とは宗教を信仰の立場からではなく、客観的中立的に観察し分析する学問である。通過儀礼の具体例を交えつつ宗教を学ぶ。






『ブラックホール宇宙物理の基礎』『ブラックホール宇宙物理の基礎』【宇宙物理学の基礎 第6巻】

(小嶌康史・小出眞路・高橋労太/著)

ブラックホールを学ぶのに必要な基礎を網羅し、最先端の研究論文が読めるところまで実力を高めることを目指した教科書。
2019年02月20日

【新刊】『物権的妨害排除請求権の史的展開と到達点』他1点、2月20日発売!



『物権的妨害排除請求権の史的展開と到達点』『物権的妨害排除請求権の史的展開と到達点 ーーローマ法からドイツ民法へ』

(川角由和/著)

ローマ法以来の「物権的妨害排除請求権」の歴史的な形成過程解明を通じて、公害・環境問題における「差止請求権」のための理論的基礎を提供する。






『難民該当性の実証的研究』『難民該当性の実証的研究 ーーオーストラリアを中心に』

(浅川晃広/著)

難民条約における「難民」の定義に該当するか否かの基準につき、オーストラリアの行政・司法の判断をもとに多角的に考察する。
2019年02月19日

【新刊】『離婚後の共同親権とは何か』『比較法学入門』ほか4冊、2月18日発売!

『離婚後の共同親権とは何か』『離婚後の共同親権とは何か ーー子どもの視点から考える』

(梶村太市・長谷川京子・吉田容子/編著)

離婚後の子に対する「共同親権/監護」の導入は真に子の利益になるのか?その問題点を明らかにし、法改正の是非を論じる。




 

『比較法学入門』『比較法学入門』

(貝瀬幸雄/著)

法の本質的理解を通してヒューマニズムに至る魅力的な学問である「比較法」の待望の教科書。最新の動向を取り入れた濃密な内容。







『私法判例リマークス 第58号【2019】上』『私法判例リマークス 第58号【2019】上 平成30年度判例評論』

(櫻田嘉章・松本恒雄・北村雅史・窪田充見・笠井正俊/編)

民法・商事法・民事手続法・国際私法の諸分野における各審級の新しい判例を対象として、学理や実務の立場から論評する。






『はじめよう地域産業連関分析(改訂版)[基礎編]』『はじめよう地域産業連関分析(改訂版)[基礎編] ーーExcelで初歩から実践まで』

(土居英二・浅利一郎・中野親徳/編著)

さあ、はじめてみよう! Excelで地域経済への波及効果を計測。『はじめよう地域産業連関分析』(1996年)を20年振りに改訂し、基礎編と事例分析編の2分冊にて刊行。






『AIにできること、できないこと』『AIにできること、できないこと ーービジネス社会を生きていくための4つの力』

(藤本浩司・柴原一友/著)

現在のAI技術では何ができて何ができないのか、その実態を技術者がやさしく語る。実際にAIをビジネスで活用している事例も紹介。
2019年02月15日

【新刊】『受刑者の人権と人間の尊厳 ーー世界標準と社会権的再構成』2月15日発売!



『受刑者の人権と人間の尊厳』『受刑者の人権と人間の尊厳 ーー世界標準と社会権的再構成』

(澤登文治/著)

受刑者の矯正教育、社会復帰を、「人間の尊厳」の観点から憲法上の権利として位置付づけるためには、どのような考察が必要となるか。
2019年02月12日

【新刊】『都市行政の最先端 ーー法学と政治学からの展望』本日2月12日発売!


『都市行政の最先端』『都市行政の最先端 ーー法学と政治学からの展望』

(久末弥生/編)【都市経営研究叢書 第2巻】

新陳代謝し続ける現代の都市。新たなニーズを的確に把握し迅速に対応するため都市行政に求められるものとは。新シリーズ刊行開始。
Page 2 of 912345...Last »