本・雑誌 新刊情報 一覧

2023年06月20日

【新刊】『認知症の人のこころを読み解く』本日、6月20日発売!

『認知症の人のこころを読み解く 』『認知症の人のこころを読み解く ケアに生かす精神病理』

(高橋幸男・上田 諭・水野 裕・大塚智丈・齋藤正彦/著)

生物学的研究が盛んな認知症だが、豊富な事例報告をもとに、本人の言動や態度に目を向ける心理的アプローチの必要性を問いかける。
2023年06月16日

【新刊】『こころの科学 230号』(2023年7月号)本日、6月16日発売!


『こころの科学230号』『こころの科学 230号』(2023年7月号)

特別企画=心理療法のエッセンス――こころに動きをもたらすもの

(内海新祐・青木省三/編)
日常的な臨床の営みの中にこそ「治療的なことがら」は生起する。技法や流派を超えた、あるいはその手前にある大切な要素を考える。
2023年06月14日

【新刊】『ゲーム障害再考』《こころの科学増刊》、本日6月7日発売!


『ゲーム障害再考』『ゲーム障害再考 嗜癖か、発達障害か、それとも大人のいらだちか』


《こころの科学増刊 メンタル系サバイバルシリーズ》


佐久間寛之・松本俊彦・吉川 徹/編、松本俊彦・井原 裕・斎藤 環/監修


 


ゲーム障害は依存症か発達障害の現れか、あるいは過度の医療化なのか。いまだ議論の絶えない、この「疾病」への向き合い方を探る。


2023年06月14日

【新刊】『ケースから読み解く法医学』、6月9日発売!


『ケースから読み解く法医学』『ケースから読み解く法医学 正しい死因究明のために』


(吉田謙一/著)


救命、看取り、検視、解剖、起訴、判決の場面で、死を理解する途を症例・判例を基に学べる「法医学書」。


2023年06月14日

【新刊】『法学セミナー』『数学セミナー』2023年7月号、本日6月12日発売!



法学セミナー2023年7月号『法学セミナー』2023年7月号


特集=責任はどこから――責任原則とその展開


私法上の責任は何を根拠に生じるのか、生じた責任は誰が・どこまで負うべきなのかを、様々なケースに基づいて検討する。






『数学セミナー2023年7月号』『数学セミナー』2023年7月号


特集=数学オリンピックを愉しむ





今年の数学オリンピック国際大会は日本開催。大会の歴史や過去の参加者たちの思い出の問題を紹介し、その面白さ・意義について考える。




2023年06月14日

【新刊】『はじめて学ぶ物理学[第2版](下)』、6月13日発売!


『はじめて学ぶ物理学[第2版](下)』『はじめて学ぶ物理学[第2版](下) 学問としての高校物理』


(吉田弘幸/著)


はじめて本格的に物理学を学びたい人に物理の考え方や魅力を伝えたい。――定評のある入門書が増補・改訂により一段と充実。


2023年06月06日

【新刊】『判例回顧と展望 2022』《法律時報臨時増刊》本日、6月5日発売!


『判例回顧と展望 2022』『判例回顧と展望 2022』《法律時報臨時増刊》


2022年度に文献掲載された重要判例を法分野別に整理し、その意義と位置づけを簡潔明快にコメント。毎年好評の判例特集号最新版。



 


2023年06月06日

【新刊】『夢と共に作業する ユングの夢解釈の実際』本日、6月5日発売!


『夢と共に作業する』『夢と共に作業する ユングの夢解釈の実際』


(ヴォルフガング・ギーゲリッヒ/著、猪股 剛/監訳、宮澤淳滋・鹿野友章/訳)


ユング心理学の理論と実践を矛盾なく結びつけた上で、臨床における夢の解釈が多様な角度から丁寧かつ具体的に論じられる決定版!



 


2023年06月05日

【新刊】『はじめて学ぶ物理学[第2版](上)』本日、6月1日発売!


『はじめて学ぶ物理学[第2版](上)』『はじめて学ぶ物理学[第2版](上)学問としての高校物理』


(吉田弘幸 /著)


はじめて本格的に物理学を学びたい人に物理の考え方や魅力を伝えたい。――定評のある入門書が増補・改訂により一段と充実。


2023年06月05日

【新刊】『親による子の拐取を巡る総合的研究』他1冊、本日6月2日発売!


『親による子の拐取を巡る総合的研究』『親による子の拐取を巡る総合的研究 比較法・歴史・解釈』


(深町晋也・樋口亮介・石綿はる美/編著)



国境を越えた子の連れ去りが拐取罪(誘拐等)にも問われる現在、世界で見られる「子の奪い合い」現象と拐取罪の関係を分析する。



 




『行政機関の憲法学的統制』『行政機関の憲法学的統制  アメリカにおけるコロナ、移民、環境と司法審査』


(辻 雄一郎 /著)《明治大学社会科学研究所叢書》


行政機関を憲法学的にどのように統制するかを、アメリカを比較対象として、COVID-19、移民、環境の事案を素材に検討する。


Page 11 of 76<<...910111213...2030405060...>>