#一冊散策タグ 記事一覧

一冊散策| 2019.04.19

『あなたも明日は裁判員!?』(編著:飯考行+裁判員ラウンジ)

はじめに この本は、裁判員を担う市民向けの、裁判員制度の現在・過去・未来についてのガイドブックです。実質的には、裁判員ラウンジのいわば紙上版といえる内容となっています。裁判員ラウンジとは、裁判員経験[…]
一冊散策| 2019.04.11

『国家が人を殺すとき――死刑を廃止すべき理由』(著:ヘルムート・オルトナー / 訳:須藤正美/特別寄稿:村井敏邦

死刑―それは非人道的であり、時代錯誤であり、何よりも効果がない ドイツのジャーナリスト、ヘルムート・オルトナーの手による本書は、死刑制度の歴史を丹念に解説し、死刑がいかに人間の尊厳を傷つける[…]
一冊散策| 2019.04.11

『学校を変える いじめの科学』(著:和久田学)

序章 いじめ対策になぜ「科学」が必要なのか――経験則の罠 いじめの経験 「あなたは、いじめの経験がありますか?」 こう質問されると、多くの人が「はい」と答えるだろう。もちろん首をひねる人もい[…]
一冊散策| 2019.03.28

『民事訴訟法』(著:瀬木比呂志)

はしがき 本書は、民事訴訟法の教科書、概説書である。 民事訴訟法全領域の中でも、民事訴訟法の教科書、概説書の数は際立って多い。その中にあっての本書の多少の特色について書いておきたい(私の専門書[…]
一冊散策| 2019.03.26

『絲的ココロエ:「気の持ちよう」では治せない』(著:絲山秋子)

1 「気の持ちよう」では治せない 決断は先延ばし 大事なことを初めに記しておきたい。 双極性障害でも、うつ病でも、1番問題となるのは「判断に支障をきたすこと」だと思う。患者本人も周囲の人でも[…]
一冊散策| 2019.03.22

『特定商取引法ハンドブック[第6版]』(著:齋藤雅弘・池本誠司・石戸谷豊)

第6版の序 特定商取引に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律第44号)が第190回通常国会で可決成立し、2017(平成29)年12月1日から施行されました。この改正に伴い、同法の施行令、施[…]
一冊散策| 2019.03.20

『スクールロイヤーにできること』(編:ストップいじめ!ナビ スクールロイヤーチーム)

第1章 SLがやってくる! I SL制度がはじまります みなさんは、「スクールロイヤー」(以下本書では「SL」といいます)をご存知でしょうか。読んで字のごとく学校の弁護士です。 新しい態様で[…]
一冊散策| 2019.02.18

『AIにできること、できないこと—ビジネス社会を生きていくための4つの力』(著:藤本浩司・柴原一友)

はじめに 今、私たちの身の回りはAIの話題で持ちきりといっていいでしょう。すでに、日常の生活の中にも浸透してきています。そしてこれは日本だけの話ではなく、先進国、そして開発途上国でも同じようなことが[…]
一冊散策| 2019.02.04

『ぼくは、かいぶつになりたくないのに』(絵:こうき、文:中村うさぎ)

2018年12月20日に、作家・中村うさぎさんとの共著『ぼくは、かいぶつになりたくないのに』を日本評論社より出版しました。 この絵は絵本のカバーで使いました。 私の内側に巣食う怪物に浸食さ[…]
一冊散策| 2019.02.04

『平和憲法の破壊は許さない なぜいま、憲法に自衛隊を明記してはならないのか』(著:寺井一弘・伊藤真・小西洋之)

はじめに 「自衛隊明記」改憲の危険性迫る 1 再び戦争をしてはならない 「一瞬にして十五万人もの死傷者を出した長崎原爆の恐怖を、私は今でも忘れることはできません。私たちを苦しめ続けた戦争と核兵器の[…]
Page 1 of 3123