(第6回)もし他人の四肢を破壊し、その者と和解しなければ、タリオがあるべし

法格言の散歩道(吉原達也)| 2022.03.07
「わしの見るところでは、諺に本当でないものはないようだな。サンチョ。というのもいずれもあらゆる学問の母ともいうべき、経験から出た格言だからである」(セルバンテス『ドン・キホーテ』前篇第21章、会田由訳)。
機知とアイロニーに富んだ騎士と従者の対話は、諺、格言、警句の類に満ちあふれています。短い言葉のなかに人びとが育んできた深遠な真理が宿っているのではないでしょうか。法律の世界でも、ローマ法以来、多くの諺や格言が生まれ、それぞれの時代、社会で語り継がれてきました。いまに生きる法格言を、じっくり紐解いてみませんか。

(毎月上旬更新予定)

Si membrum rupsit, ni cum eo pacit, talio esto.

(lex duodecim tabularum 8, 2)

スィ・メンブルム・ループシット・ニー・クム・エオー・パキット・ターリオー・エストー

(十二表法8, 2)

「復讐代行の2人」

一昨年の暮れにNHKテレビで『タリオ 復讐代行の2人』というドラマをご覧になった方も少なくないだろう。「その無念な思い、貴方に代わって復讐致します」という刺激的なキャッチフレーズが目に止まった。泣き寝入りをせざるを得ない被害者になり代わって卑劣な悪人たちへの復讐を果たしてくれる元弁護士と詐欺師の物語ということであった。復讐代行の裏稼業といえば、かつての必殺シリーズが思い起こされる。時代も設定も異なり、両者を同じに論じることはもちろんできないであろう。しかし復讐がドラマのテーマとして繰り返し取り上げられるのには、時代を超えて私たちの心を引きつけるものがあるように思われる。今の時代になぜタリオなのだろうか。タリオははるか昔の歴史の記憶にとどまるものではないようだ。

目には目を、歯には歯を

「目には目を、歯には歯を」といった同害報復の考え方を示す言葉は、ハムラビ法典や旧約聖書のなかにも登場することはよく知られている。タリオという名称に包括される刑罰の形態は、ローマ古法・イスラム法(コーラン)・マヌ法典をはじめ中国及び日本などに伝えられる資料によれば、およそ洋の東西を問わず古代社会のひろい範囲にわたって行われていた。「目には目を、歯には歯を」のような言葉からは、何か恐ろしい血なまぐさい刑罰を連想してしまうかもしれない。しかし刑罰法の発展史から見れば、原始時代における無制限で衝動的な復讐的刑罰に対して、タリオは、合理的な制限を試み、犯罪及び刑罰間の必然関係及び公平な処罰を意図した、きわめて画期的な人類の発明でもあった。

またアリストテレスをはじめ、ギリシアの諸思想家も正義に基づく制度としてタリオを支持していたといわれる。近代においても、例えばカントは『人倫の形而上学』法論の中で、自身の刑罰論を同害報復の法理(ius talionis)によって基礎づけている。正義の原理とは、一方の側にも他方の側にもより多く傾くことがないという均等の原理にほかならないという。正義のはかりの針が均衡を保つ状態をイメージすればわかりやすいかもしれない。それゆえ何らかの害悪を他人に加えることが、自分自身に害悪を加えることになる以上、同害報復の法理だけが刑罰の質と量とを確定的に定めることができるとカントは考える。応報刑論もさまざまなアプローチが提唱されているが、刑罰思想のみならず正義をめぐる議論の歴史を辿るときに、いつの時代でもタリオの観念を離れては考えることはできないように思われる。

十二表法のタリオ

タリオとは、本来、「そのような」とか「相応の」を意味するラテン語の形容詞タリス talis(英語のsuchにあたる)に由来する名詞である。2世紀のローマ法学者ガイウスの『法学提要』(3, 223)は「四肢損壞に封する侵害の罰は十二表法によりタリオであった」と伝えるように、術語としてのタリオは、十二表法に用例を見ることができる。紀元前5世紀半ばに、それまでの慣習法を成文化して制定されたと伝わるローマ最古の法典「十二表法」において、標題の法文は第8表の一節であり、ローマ法におけるタリオについての最古の観念を伝えるとされる。

第8表と第9表は、主に科刑と復讐規制を定めている。その内容は、現代と異なり、民事法と刑事法の未分化の状態を残しており、不法行為と刑法に関する規定が混在している。殺人、傷害、窃盗などのほか、農民財産の保護、とくに農業財産に関する財産侵害など、当時の社会状況を反映して、その内容は多岐にわたっている。

第8表2~4は、身体侵害に対しても確定した制裁を定めていた。

 2 もし他人の四肢を破壊し、その者と和解しなければ、タリオがあるべし。
3 手または杖によって自由人の骨を挫折する者は300アス、奴隷の骨を挫折する者は150アスを科すべし。
4 他人に人格侵害を加えたときは25アスを科すべし。

まず、ある者が他人の四肢を破壊したときは、その者と和解しなければ、タリオつまり同害報復が科される。「タリオがあるべし talio esto」の esto は、文法的には、esse(英語の be動詞にあたる)の命令法未来の三人称単数形で、命令が将来に実行されることへの期待を表す用法であり、十二表法をはじめとする法律や布告のなかで用いられる。

2つ目は、手や杖を使って自由人を骨折させたときは300アス、奴隷のときは150アスに相当する罰を科すもの定められていた。この場合にはそもそもタリオ(同害報復)は問題にならなかった。この規定では自由人と奴隷が区別され、奴隷の場合は、贖罪は半分とされた。3つ目に付け加えられている要件は、殴打などで人格侵害の場合についてであり、この場合には25アスの罰が科されることになっていた。

「和解をしなければ」

四肢の破壊という言葉には、手足だけでなく、眼、鼻など身体の重要な部分を損壊したり、回復できないような傷害を与えたような場合が想定されており、これに対する制裁は、十二表法の時代には、なお、タリオ(同害報復)が原則であった。

ところで、この十二表法の規定で注目されるのは、「その者と和解しなければ」という挿入句の部分であり、四肢の破壊のような重大な傷害があっても、ただちにタリオのルールが発動せず、まずは当事者同士で話し合い、和解によって紛争を解決することが求められている点である。こうした一種の和解強制のような制度が、いつ法的拘束力を持つことになったかは不明であるが、十二表法独自の新機軸といえないまでも、十二表法が明文化により和解の重要性を確認したことは、わずか3つの単語にすぎないが、その後の法の発展にとって大きな一歩をもたらすことになった。

「タリオがあるべし」という宣言は、タリオがこの限度を超えたときは、逆に被害者自身が身体侵害訴訟の危険にさらされることをも意味する。そうした危険を回避するためにも、加害者と和解することは被害者にとって大事であり、現実にタリオが行われることは稀であったであろう。第8表2の規定には、このように重大な傷害に対する制裁が、無制約の復讐から同害報復を限度とするタリオへ、さらにそれから贖罪の提供による紛争解決方式(貨幣が流通する以前には、贖罪の証しとして家畜などの財産が提供された時代があったかもしれない)への段階的変化が記憶されているのである。和解強制自体、タリオによって支えられているともいえるのではないだろうか。和解とか合意といっても、もちろん現代法におけるような精緻な概念ではないとしても、十二表法の時代のローマは、素朴であるとはいえ当事者同士の合意に何らかの法的な拘束力を認めるほどに成熟した社会になっていたといえよう。

十二表法は、前5世紀前半の身分闘争の一つの帰結として制定され、ローマのフォルム(公共広場)に銅板に刻まれて掲示されていたとされる。前4世紀初頭には、ガリア人のローマ侵攻という事件の中で、焼失したとか、持ち去られたといわれる。しかしキケロが「われわれの子ども時代には、十二表法の文句を否応なしに覚えさせられた」(『民法について』2, 3, 59)と語るように、口承伝承のようなかたちで、ローマの人びとの法意識に刻み込まれていたのではないだろうか。十二表法の解釈を最初にほどこした神官法学の伝統をひくローマの法学者たちも、後代にいたるまで、十二表法をタイトルに掲げる著作を伝えており、十二表法の記憶はローマ法の解釈史のなかで長く受け継がれてきた。

ゲッリウス『アッティカ夜話』

ゲッリウス『アッティカ夜話』(2世紀)は、ローマ人の生活に関する逸話、引用、観察などの貴重な資料である。その第20章で、ハドリアヌス帝(117-138)の宮廷に使えていた法学者セクストゥス・カエキリウス(アフリカヌスの名でも知られる)と哲学者ファウォリヌスが十二表法の規定をめぐって議論したエピソードを伝えている。

法学者は、十二表法は選ばれた簡潔な言葉で作成されていると言ったのに対して、ファウォリヌスは、プラトン『法律』12巻を読むのと同じように、十二表法を熱心に読んでみたが、そのうちのいくつかは、非常に不明瞭であったり、非常に残酷であったり、逆に温和で寛容すぎたり、決して書かれている通りに受け取れるものではないと批判した。十二表法の個別の規定をめぐる議論が詳細に展開され、興味深いのだが、ここでは、タリオの法文にかかわる部分を簡単に紹介しておこう。

法学者と哲学者の対話

哲学者ファウォリヌスは、十二表法のタリオが残酷なことは言うまでもないが、正しくタリオを行うことはできないことについて、理詰めの主張を展開する。他人に手足を破壊された者が、その仕返しに加害者の手足を破壊しようとした場合、果たしてまったく同じようにその手足を破壊することはできないではないか。タリオを行おうとすれば、たちまちジレンマに陥ってしまう。故意でない行為に対して、故意なしに報復がなされねばならないが、そのようなことは不可能であり、偶然の一撃と故意による一撃は、同じ報復の範疇には入らない。故意でない行為に故意ある行為で報復するならば、過剰な報復となってしまい、その結果、タリオは際限なく繰り返されることにり、不条理な残酷さに陥ってしまう、というのである。

これに対して、セクストゥス・カエキリウスはファウォリヌスを哲学にも法学にも通じた人物と讃えながらも、自分たち法学者は別の考え方をしていると述べる。法学者は、今では使われなくなったからといって、それらの古い法を軽んじるべきではないが、同時にそれが時代の慣習、政治状況、有用性の考慮、悪弊の度合いに応じて、修正され刻々と変化していくものであることも知るべきであるというのである。タリオの規定についてもまた然りである。カエキリウスの言葉は、ローマの法学者が哲学者のように一定の原理に立ってタリオの規定を断じるのではなく、法の歴史を踏まえながら、そのときどきの状況に応じた妥当な解決を図ることこそ法学者の本領であったことを教えてくれる。タリオは十二表法の喪失によって失われたわけではなかった。タリオの記憶は、ローマの法学者たちによって脈々と受け継がれてきたのである。

哲学者ファウォリヌスは絶対的な価値基準でタリオの規定の残酷さを批判し、法学者カエキリウスはタリオのような残酷な法であって、そのように規定があったことはそれなりの理由があったのであり、十二表法がどのような状況のもとで、立法者が何を考えたかを知り、その後いかなる経緯を経て今ある法に至ったか、法の歴史を知ることの重要性を説いている。このゲッリウスが伝える法学者と哲学者の対話のエピソードは、19世紀のドイツにおける歴史法学者サヴィニーと哲学者ヘーゲルとの学問的対立とを先取りしているかのようで興味深い。

この連載をすべて見る


吉原達也(よしはら・たつや)
1951年生まれ。広島大学名誉教授、日本大学特任教授。専門は法制史・ローマ法。