特集:法による福祉の質の向上 「支える人々」の待遇改善に向けた課題(中野麻美)(1)

特集から(法学セミナー)| 2018.11.13
毎月、月刊「法学セミナー」より、特集の一部をご紹介します。

(奇数月中旬更新予定)

◆この記事は「法学セミナー」767号(2018年12月号)に掲載されているものです(3回にわけて掲載します)。◆

特集:法による福祉の質の向上―支える人々を支えるために

福祉労働者は、他者の生存権を守り、人々の暮らしを支えている。
しかし現在、彼らをとりまく労働環境は厳しく、「支える人々」の側も、支えが必要な状況に陥っている。福祉労働者をとりまく環境は、「支える人々」の提供する福祉サービスの質にも影響するため、彼らの労働環境の改善は、いつかは「支える人々」を必要とする全ての人にとって、重要なテーマである。
本特集では、特に介護の現場を取り巻く状況を中心に、問題を理解し、厳しい環境を招く構造上の問題を検討することで、状況改善のためのヒントを探っていく。

―編集部

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録(無料)はお済みですか? 会員について
ページ: 1 2